So-net無料ブログ作成

小耳症で生まれた僕 [小耳症]



はいさぁい^^




今日はマジメな話、、小耳症トーク^^




小耳症で生まれて、、


一番最初に、自分が人と違うんだな、、って思ったのは、、
いつだったかな。。
おそらく、、年中さんとか年長さんぐらいだったと思う。

他の子は両方の耳が同じ大きさだけど、
僕は、右耳が小さいっていう、、ただそれだけ。
そのときは右耳が聞こえないっていうことは、、
あまりわかっていなかったような気がする。

いつごろ右耳が聞こえないことに気がついたのか、、
正直覚えていないんだけど、
子どもの頃はとにかく見た目だった。

右耳が隠れるぐらいの髪型だったから、
他の子どもに、「男なのになぜ髪が長いのか」って言われたり、
そこから髪型のことや耳のこと、、
手術した後の耳のキャップの事も含めて、いろいろと言われたを覚えているし、
それで心が痛い想いをしたことも覚えている。

だからなのか、、
他人の目が気になったり、言動が気になったり。

他人のことばや表情、声、言い方、雰囲気、、
いろいろなことを常に感じて、考えて、、感じて、、
良くも悪くも他人のことを気にしていたような、、
そんな小学校、中学校、、高校時代だったような気がする。


まぁ、
他人のことばや表情、声、言い方、雰囲気、、
いろいろなことを常に感じて、考えて、、感じて、、
っていうのは、、今でもそうだけど^^;


そんな中、、
僕の人生が変わったな、、
って思えた出逢いがあった。

20歳ぐらいかな、、
このブログにもよく出てくるみんな、、
小耳症ファミリーのみんなとの出逢い。

僕よりも年下の小耳症本人たちが、
堂々と耳を出して、笑顔でいたんですね。
そのときに、、道が開けたような気がしたんです。



人はみんな違う。

僕は僕でいいんだ。


そう思ってからは、、
今までより堂々と、、
生きることができるようになったんですね。


そう、、人はみんな違う。

そして、、
僕が見たことのない景色を見て生きてきて、今、目の前にいる人は、
僕の知らないことをたくさん知っているんだから、、
僕にとってはありがたい存在なんだ。
そのことに、年齢は関係ないんだ。

って思うようになったんです。


そう思ってからは、
出逢う人すべてに感謝ができるようになったし、
敬意を持って接することができるようになったし。

出逢いって本当にありがたいですよね。



僕は、育ってきた環境もあって、、
出来る限り他人を傷つけることのないように、、
とか、
嫌な思いをさせないように、、
って思って、
ことばを大切にするようにして、
そのときの相手の表情や声とか、、結構気にするんだけど、、

冗談言うときとかも、
言っていい冗談とそうじゃない冗談とかあるじゃないですか、

そういうのを気にしつつ、話すんだけど、、
何かをしたあとの相手の表情や態度を見て、
あぁ、今言った言葉はいけなかったな、、
とか、
いろいろ自分なりに考えたりして、反省したりするんだけど、、
まぁ、、全部が全部そうできているかわからないから、、
難しいですね^^;



って、、
これ、、何の話してんだろ。。



なんだけど、、
まぁ、そうは言っても、、
学校や職場、、社会に出ても、
言い方がきつい人や大声で怒鳴る人や、、
誰かを傷つけるようなことを言う人や、、
まぁ、、いろいろな人がいるわけで。

そうするとね、
そうしている人はあまり気にしていないのかもしれないけれど、
僕は気になっちゃって。

これは、小学校時代とかの影響もあるんだろうけど、、
なんかね、、
モヤモヤしたり、夜眠れなくなったり、、いろいろ考えちゃったりしちゃうっていう、、
それだけは今でもなおらないんですね。

そして、一度ハマると結構続くっていう。。

あぁ、、僕って弱いな。。
なんて思うし、
これ、、どうにかならないかねー
なんて思ってるんだけど、、
なかなか難しいんですよね。


これって、、
自分が誰かを傷つけないように、、
って思っているから、
それを他の人にも求めちゃっているんですよね。



過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる。

ってあるじゃないですか。


だからね、
信頼できる人のことばだったり、
ミュージカルの誰かのセリフだったり歌だったり、
ドラマのセリフだったり、
いろいろなことばを思い返して、
自分自身の考え方を整理したり、、
もし疲れちゃったとしても、、自分で立ち上がるようにがんばるんですけど。。



でも、、


人はみんな違う。


なんですよね。


人はみんな違うんだから、
そこでひとりいろいろモヤモヤしたり考えたりしてもしょうがないんですよね。


むしろ、、
そういうときは、、

そんな弱い自分を受け入れて、
受け入れたうえで、、
まったく、、こんな風になっちゃう僕もかわいいな、、
って思うぐらいがいいんでしょうね。



小耳症で生まれて、
小耳症だからこそ経験したこともたくさんあるし、
それで傷ついたりしたことはあるかもしれないけれど、
傷ついた分だけ、人に優しくなれる。

その優しさは、、
自分の弱さからくる優しさなんだと思うけど、、
弱いからこそ、
他人の弱さやつらい部分を少しはわかろうとするようになったんだと思うし、
それが誰かを思いやることにつながっているのかな、、
なんて思う。


まぁ、、小耳症で生まれたから、、
とかはあんまり関係ないと思うかもしれないけれど、
小耳症じゃなかったらこういう性格になっていなかったと思うから、、
ね^^



っていうか、
今日、、小耳症で生まれたから、、
みたいに書いてるじゃないですか。

でもね、
小耳症のこと、、悪く思っていないし、
僕、、自分のこと、、結構好きです^^

大好きです^^


それは、、
いつものブログを読んでいただければわかっていただける、、かな?^^


ただ、、
なんとなぁく、、40歳を目前にして、、
自分自身の性格と小耳症について思ったことがあったから、、
書いてみました^^




人はみんな違う。


僕は僕にできることをして、
少しでも、誰かの笑顔を見ることができるような、、
そんな生き方をしたいな、、
と思うし、
これからも僕を応援してくれる人がたくさんいるので、、
少しでも笑顔になってもらえるように、、恩返しをしたいな、、
と思います。




さぁ、、今週末、、土曜日小耳症ファミリー


ようた母サトシ母さわこ母酒豪マザーズと、ヨウタゆりりんとで、、


お楽しみ会があるので、、


小耳症について、いろいろと考えたいと思いまーす☆





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。